「カラダの当たり前が、当たり前じゃなかった!」①⓪

resized_07

自分で気づかない

カラダの不調に

 

先生に気づいてもらって

ケアしてもらうことが出来るんですが

 

はりきゅう治療を通して

初めて自分のカラダを知る

きっかけになりましたね(・Д・)ノ

 

「胃が固い。」とか

「お腹が冷たい。」とか

 

自分では、治療に来る前まで

そういうカラダの状態に気づかなかったです。

 

気にしたこともなかったですね(・ω・)ノ

 

そして

こういうカラダの状態が初めて

普通じゃないことを知りました。

 

痛いとか、かゆいなら

「なんかカラダがおかしい!」

ってわかりますが

 

「胃が固い。」とか

「お腹が冷たい。」ということは

なかなか気づけません(´・Д・)」

 

他の人の

胃の固さや、お腹の冷たさを

触って比較することもありませんし(・Д・)ノ

 

でも

はりきゅう治療の中で

 

お腹に触った時に先生が

 

「冷たいです。」とか

「固いです。」とか

 

教えてくれたり

 

ハリをすると実際に

自分でも柔らかくなって

改善してる変化がわかるので

 

「自分のカラダの当たり前が

当たり前じゃなかったんだ。」∑(゚Д゚)

 

とわかったんです。

 

 

このことが、私の中では

意外だったことの1つですね(*^_^*)

 

関連記事

Comment





Comment