精神疾患を良くしたい!①前編

resized_01

体調を崩す前の私は

中学まで陸上をやっていて

元気だったんです。(^ ^)

 

〜高校生〜

田舎だったため

高校は下宿をしながら

親元を離れて通うことになりました。

 

進学校だったので

勉強が多くて大変!∑(゚Д゚)

 

そして今までは陸上でカラダを動かして

ストレス発散していたのに

それも出来なかったり。

 

下宿に帰っても話す人もいなくて。。。

こういうことがキッカケで

少しずつ体調が崩れていったのかな?

と思っています。

 

〜何かおかしいぞ?〜

今でも覚えているんですけどある日

友人の家に遊びに行こうと思って

横断歩道を渡ろうとしたんです(・Д・)ノ

 

それが

横断歩道が渡れないんです!

 

どうしても渡れないんです(・□・;)

も〜車に乗ってる人や

横断歩道の人の目線が恐くなってしまって。

 

額や脇から変な汗が出てきて。

2、3回渡ろうとチャレンジしたんですが

結局渡れずに下宿に引き返しました。

 

こんな調子だったので

高校時代は気力を毎日使いはたしていて

体重もガリガリになりました。

 

スーパーや、コンビニに

買い物に行かないといけない用事が

当時は本当に大変でした。

 

〜神経クリニックへ。〜

その後、大学に行くようになった頃には

「自分は精神疾患かな?」

とさすがに思い始めていたんです(´-`).。oO

 

(本とかでも自分の症状を調べましたし。)

 

そんな中

大学の健康診断がキッカケで

神経クリニックに通うことになりました。

 

〜感じた薬のメリット、デメリット〜

神経クリニックでは

薬を飲んで途中までは

動悸が減ったりと改善していったんです。

 

が!!

今度は、薬が手放せなくなりました(´・_・`)

 

薬がないと心配で出かけられなかったり

薬を忘れてカバンに無いのがわかると

取りに帰ったりと大変でした。

 

そして薬なんですが

飲んでいると主症状は治まるんですが

 

いつも精神的に不安定で

変にハイテンションだったり

逆に次の日落ち込んだり

踊らされてる感じでした。(´・Д・)」

関連記事

Comment





Comment