その腰痛、筋肉のせい?

resized_03

痛い、重い、冷える、生理の前や最中に辛い、実は上むいて眠れない!

はりとお灸で、腰の筋肉を緩め、温め、柔軟でしっかりした腰をつくりましょう^^

また、内臓につながっている腰のツボを刺激すると、婦人科疾患、膀胱炎、冷え性などにも効果があります。

女性は、ヒールも履きますし、、、、 月経、冷え性、子育て出産。腰痛になりやすい環境にいます。

腰が痛いと、腰をかばうので姿勢が崩れていきます。

姿勢が崩れると、バランスを取ろうと、カラダのあちらこちらが頑張って、痛い場所が増えますし、こじれていきます。

改善するのも大変になっていきます。

腰の緊張をほぐしていくことは、内臓の血流を良くすることにもつながります。

⭐︎原因⭐︎

◯◯◯ぱなし、姿勢、内臓疾患、婦人科疾患、冷え、血行不良、気持ちのイライラ、うつうつした落ち込み。

立ちっぱなしのお仕事の方も、座りっぱなしの方も腰痛になります。寝てることが多い方もなりやすいです。

普段の何気なくやっている姿勢から見直すことも大切です。

また、冷えがある方。内臓疾患がある方。婦人科疾患がある方もなりやすいです。

お風呂などに入って温めて腰が良くなる方は、血行が悪いことが原因の一つと考えられます。

お風呂に入っても変わらない方は、血行の問題よりも気の問題かもしれません。

気持ちが少しイライラ気味なら、気を晴らせるような運動や、軽いおしゃべりが良いかもしれません。

気持ちがうつうつと落ち込み何もしたくないようでしたら、調子のいい時にストレッチなどおこなったり、呼吸法などで気を充実させるような事をしてみるのがオススメです。

腰痛の治療は、腰だけを治療する場合もありますし、その方の原因によっては、足、腕、お腹、鼠径部などを治療していきます。^^

関連記事

Comment





Comment